昨年(2013年)フィリピンの軽井沢、バギオで留学。

雨季をさけ今年(2014年)はセブで留学をされた

山本さんへのインタビュー映像です。

70歳というご年齢にして、英語力が伸び続けている山本さん。 

その秘訣はどこにあるのでしょうか?

バギオとセブ2つの場所で留学を経験されただけでなく、

色々な語学学校を見学・授業体験をされた彼女のフィリピン留学実体験談

そしてストーリーシェアに対する正直な感想をシェアして頂けました。

学校外も日本語禁止の英語漬け校舎

ストーリーシェアには、日本語校舎と英語校舎がありますが、

山本さんは70歳にして日本語一切禁止、全ての学校内施設のみでなく学校外も

英語のみの完全英語漬けポリシーの校舎にて生活されました。

 

ブロークンな英語の時もありますが、それを英語の成長の過程と楽しみ、

少しづつ英語が以前よりクリアーに話せる、理解できるようになってきました。

大切なのは授業の時だけでなく、生活している時に英語を使う事。

どんな優れたセミナーを受けても、習慣にしないと誰も成功しません。

こんなわかりきった事でも、

日本語で会話する=という習慣には自分の意思だけでは負けてしまいます。

どこかに覚悟という名の一線を引かなければならないのです。

それを完全英語漬けポリシーと掲げ、本気の生徒だけ集めたのがこの英語漬け校舎。

70年間日本語で波乱万丈の人生を乗り越えてきた山本さんには

過酷な挑戦だ。

しかし、山本さん、まるで当たり前のようにこの完全英語漬け校舎を申込まれた

永遠のチャレンジャーです。

人生そのものを学びと捉える、その姿勢は若者をも奮い立たせていました。

もちろん初めは難しいです。

 

単語が出てこない。

↓↓

っていうか単語知らない。

↓↓

単語が出ても文章にできない。

↓↓

文法ってなに?

↓↓

自分でやれ?無理無理。本読んでもわかんない。

 

 

入学されたばかりの生徒さん達の顔からは伝えられないもどかしさや悔しさを見受けることもありますが、

あきらめずにそれを英語の成長の過程と楽しみつつ続けることで、少しずつ英語を聞き取れるようになり、

理解できるようになり、自然に口から出てくるようになります。

 

サイクルラーニングメソッド

徐々に話せるようになる秘密はその授業内容にあります。

山本さんもインタビューの中でおっしゃってくださっていますが、

ストーリーシェアの授業では先生が今日から使える単語・文章を教えてくれます。

格安でのマンツーマンレッスンは、

フィリピン留学全体のメリットではありますが、

従来の古い教え方だと

予習復習の上手な生徒や年齢が若くないと上達しないと言われています。

でも、サイクルラーニングメソッドは

授業のたびに形やタイミングを変えて何度も繰り返すので

ボキャブラリー、表現が自然に増え、

正しいセンテンスが話せるようになる仕組みがあります。

この徹底したEOPと授業内容のコラボレーションが、

生徒さんの英語力向上を後押しします。

 

少人数でアットホームな環境の中、講師、ヘルパー、料理人、スタッフとの家族のような交流

このインタビューを見ていても、本当に英語を楽しみながら上達されたのが伝わってきます。

印象的なのは、先生をはじめとする全スタッフとの関係。

正しく話せた時には、嬉し泣きをするほどに喜んでくれるという先生たち。

 

そして、そんな情熱的な時間と人間関係が生み出す信頼とモチベーション。

ホームページの写真や文字では伝えられない魅力が

実体験された生徒さんの声にあるような気がします。

インタビューに応じてくださった山本さん、ありがとうございました。

山本さんのバギオ留学体験インタビューはこちら↓↓

現地で何校も見学した語学学校の選び方 バギオ留学

 

山本さんが伸びたもう1つの理由

山本さんは授業で習った事はすぐに実践で使います。これは人生の成功の秘訣でもあります。

習ったことを素直に使う、喜んで使う、この応用力、子供のような好奇心が山本さんの成功の秘訣です。

英語学習でも人生と同じことを実践しているのです。いや、それが彼女の習慣なのです。

習慣が我々の人生を作っています。生徒にとって最高のお手本になりました。

 

後書き

山本さんには今回も沢山のお友達をご紹介頂き、口コミで少しづつサイクルラーニングメソッドや

ストーリーシェアが広まってきました。

フィリピン留学は多くの学校が作られつつあります。フィリピンの人は皆とても温かく、優しく素晴らしい国なので

どの学校でも間違いなく喜んで頂けると思うのですが、もし英語学習に本気であれば、

同じマンツーマンレッスンでもメソッドで効果が異なりますので

ぜひ一度体験授業を受け比較してみて下さい。

違いを知る参考になれば幸いです。